<< 2023/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

おっとどっこい

彼方からも此方からも

当然の権利とばかりに

督促のメールや電話が入る

僕は、八方塞がりを怖れない

むしろ、どんとこい!と居直っているところがある

やはり、何糞!何糞!の自分が居る

嫌な時代だな...

ほんの一握りの階層の人たちが、社会の代表者のようにもてはやされ

ズームアップの対象となる

ひねくれる訳ではないが、このやろう!の思いが

具体的対象のない空間に跳び跳ねる

這いつくばって、這いつくばって

歯を食いしばって、食いしばって

僕は夜を迎え、唯一安楽の空間に身を任す

夢で逢えるのは誰か

貴方であれ!貴女であれ!

エネルギーを注入してください
峡谷.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

あなたは 大きい

あなたは 広い

あなたは 力強い

あなたは 慈悲深い

そして何よりも

あなたは 人間的である

あなたは 人間の体をもって

この世に降臨したもうたか

初秋の比叡山.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

ひ か り

山奥深く 閉じこもるでない

仙人が如くに 生きるでない

市井の只中に 身を投じよ

人混みに 揉まれて生きよ

そして

一人のための 光と成れ

庭の花.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

夢空間

君が居た

貴女が居た

あまりにも具体的な登場人物だった

そして、僕だけが

超現実的に脇役を演じていた

目覚めるわずか一時間前の夢空間 

灯台.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

名もなく貧しく美しく

たとえ相対的に貧しかろうとも

心まで貧しくなってしまいたくない

むしろ・・・

心は、どこまでも裕で美しくありたい

・・・と思うのであります

灯台.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

sea you again

「修行とは 苦労を楽しむことなり」  (日扇聖人)

 二十歳前後の五年間が、今の僕を形成した。

結婚を約束した彼女に言われた「どうして、そんなに苦しい方へ苦しい方へ

行くの?」それは自分でも説明のしようがなかった。二者択一を迫られた時、

他人から見て、負の方へ負の方へと向かわせる自分がいたのだ。

自虐的でもなく、気まぐれでもなく、意固地でもなく、そうさせるもう一人の

自分がいたのだ。

 当時は苦労を楽しむなんて心は全く持ち合わせてはいなかったが、どこかで

それに近い感覚はあったのかもしれない。暗闇の中での未知の世界への挑戦、

或いは興味心、或いは求道心、それらが僕を強引に引っ張って行った。

言葉だけ、思うだけの自分が堪らなく嫌だった。それにしてもそんな自分への

決定打は、やはり、ステッファニー先生だったのだ。彼女(先生)はあれから

どんな人生を歩んだのだろうか?天は、そんな存在の彼女に逢わせてはくれない

のだろうか?

 あまりにも長い・・・半世紀を超えた

    sea you again


29.11.26-6.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

裏 扉

「紙一重」「表裏一体」

そんな言葉を実感している。

物事には、完全な右か左、上か下、善か悪、もあれば

何方とも言えない微妙な事柄もたくさんある。

とかく人は、どちらかに決定づけたがるけれども

其処の部分は慎重に吟味、考察したいところだ。

勿論、神(天)の領域からすれば、その善悪は明白であろう。

その領域にまで踏み込もうとは思わない。

逃げ口上ではないが「真実は神のみぞ知る」ということなのだろう。

ニュースの中の事柄にしろ、身の回りの出来事にしろ、

「まったく・・・」の話しが多すぎる。

基本、見過ごしてしまう、タッチしたくない自分が嫌になる事がある。

そんな自分の心を見つめすぎて、

自分の裏扉を開けてしまいそうな自分に恐怖を覚える。

23.5.6-5.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

パレスチナ

愛する人を傷つけられて、正気でいることは極めて困難です。

人間は仏にも菩薩にもなれば、修羅にも鬼にもなる。

               (長松清潤師)

ドイツ ラコツ橋.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

予防線

謙虚そうに見えて、控えめそうに見えて、

その実は、わがままの塊りみたいな奴は嫌いだね。

自分の非や至らなさの追及をされるのが嫌で

初めっから予防線を張るような奴はご免だね。

至らぬながらも100パーセントの自分を発揮しろよ!と言いたい。

そうすれば、120パーセントの結果が待っているってこともあるんだよ。

まさしく、経験者語る・・・だね。

これは、あくまでも僕が関係するスポーツの世界のことだけど、

人生全般に言えることだと確信している。

やる前から、予防線を張るような奴は、大嫌い!だね。

峡谷.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

斜に構える

「斜に構える」とまでは行かなくても

ちょっとひねくれてみたくなるってことあるよね

まともに受けてたら照れくさいというか、かっこ悪いみたいな・・・

だからと言って、何でもかんでも

「だけどさ・・・」とか「でもね・・・」の連発には閉口するね

「うん、たしかにそりゃそうだ!」

「あんたの言う通り!」も

たまにはないと、ただの偏屈男だよね

過去との懸け橋.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

▲page top