<< 2024/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

もう一度

「いいか、失敗、シクジリなんて毎度のことだと思っていなさい。倒れれば、

打ちのめされたら、起き上がればいいんだ。そうしてわかったことのほうが、

おまえの身に付くはずだ。大切なのは、倒れても、打ちのめされても、もう一度

歩き出す力と覚悟を、その身体の中に養っておくことだ」

                伊集院 静

2024.6.20-1.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

見えない所

大きくなる樹木は、人の目には見えない所で懸命に、

その根を幹を強靭にしようとしている。

2024.6.19-1.jpg

逆に、ひょろっとした草木は

自身の蕾の重さにさえ耐えられず

うな垂れてしまう。

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

旅路

振り向けば寂しい
きみの住む故郷
若い日の涙は
明日への涙か
暗闇の彼方に
口笛か流れる
この道はいつの日にか
希望につながる
東の空に日が昇るまで
とても とても遠い旅路さ
暗闇の彼方に
口笛が流れる
この道はいつの日にか
希望につながる
2024.6.15-1.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

心の嵐

心荒めば 

言葉も荒む 顔も険しくなる

心穏やかなれば

言葉も穏やかになる 表情も柔らかになる

抜け出せたかな 心の嵐

きっかけは 君の優しい微笑だ

そっと包み込む思いやりだ

昨日の自分に サヨナラしよう

今日の自分を 大切にしよう

明日の自分を 君に捧げよう

2024.6.13-1.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

腹立ち

呆けた人間に腹を立てるのは空しい

相手が真面?であっての腹立ちなのだ

しかし、しかし・・・

そいつが(敢てそう言わしてもらおう)真面であった頃の所業に

腸が煮えくり返っているのである

(もう一人の自分が囁きかける)

あの状態があいつの受けるべき報いなんじゃないのかい?

今更、お前が何と言ったって、相手に伝わる訳じゃない

いい加減、卒業しろよな

(なるほど・・・)

地獄に落ちるまでもなく

この世で地獄を顕しているわけだ

僕のしゃしゃり出る幕じゃない

2024.6.10-2.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

蘊蓄

「蘊蓄」という言葉があるが、あれも大嫌いである。

 品性の欠けらもない。


「△△って何のことだかわかりますか?」
「××がなぜああなるか知ってますか?」
という話し方をする人がいる。
私の周囲にはほとんどいない。それは、そういう会話のやり方をすると、
私が注意するからだ。
「君、どこで覚えたかは知らぬが、そいう会話のやり方はやめなさい。訊かれた人がその答えを知らなければ、そんなことも知らないのか、と相手を試しているように聞こえるし、仮に知らないとわかって、君がその答えを出せば、まるで君が相手より物事を知っているように見える。そういう話し方は下品で傲慢にしか聞こえない」
 大人の男はそれを十分知っていても、「さあ、詳しくは・・・」と応えねばならぬ時が多々あるものだ。それを待ってましたとばかり喋り出すのはただのガキで、バカである。

                   伊集院 静

2024.6.10-1.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

人は人

「名も無き雑草」と言うと、「植物に名前のないものは一つもない!」と

植物学者さんに叱られる。もとい!僕が名前を知らない草花が、コンクリートや

アスファルトの隙間で、逞しく生きている。

 野村克也氏ではないけれど、まさしく<雑草魂>を見せつけられ、これは

人間社会にも共通するものだと思い知らされる。

文字通り有名人、著名人は、世間にその名を知られて存在であり、その他大勢は

名はあるけれども、大衆や住民の呼び名のもとにひとくくりにされてしまう。

 大方の有名人が、そのギャラの額や人気度で格付けされ、あたかもそれが

人間度の格付けでもあるのように報じられる。それを鵜呑みに信じてしまう側も

問題だが、然るべき人たちは、そこらの線引きは当然のようにさりげなく行って

いるのだろう。

 人は人、私は私、あなたはあなた、僕は僕


2024.6.6-3.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

▲page top