<< 2021/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

斜め45度

仮の自分を生きている

本物の自分は何処へ忘れてきた

何処へしまい込んでしまった

仮の自分がホンモノの人たちと

関わり、話し、表面だけの笑顔をつくる



ホンモノの自分は

斜め45度上の空から見つめている

何も言わない

何もしない

ただじっと見つめているだけ

早く此処へ来いと

言ってもくれない3.5.6-7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

賢人

〇戦争だけが(有事)ではない・・・ってことですよね。

 今まさに(危機管理能力)が問われ、試されています。


〇情報通だからと言って、その人が賢人(知識人)とは限らない。


〇何かと言えば「法的措置を考える」という脅し文句が付いてくる。

 事の内容にも依りますが、「白黒つけようぜ!」みたいな・・・。

 訴訟慣れしていない日本人を、〇とするか✖とするか意見の分かれる

 ところですね。

o1280094214934547665.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

K様邸(北区)リフォーム工事

176926971_1971008183038735_1318707387129103641_n(1).jpg177772340_1971008276372059_7590573499168802035_n(1).jpg178618016_1971008333038720_3611062492377800675_n(1).jpg178379546_1971008236372063_7409762305757683259_n.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ドクターストップ

美味いと思わなくなったら

断酒する

それができるということは

アル中ではないということか

習慣は怖ろしい

糖尿病や血圧との関係を見聞きすると

適度な酒量を意識する


仕事柄、止む負えないとは言うものの

建築現場での喫煙者の何と多いことか

受動喫煙〜こっちも怖い

僕は冗談半分で言う

「煙草?二十歳で止めました(笑)」

僕の場合、吸うというよりはファッションだったんだろうな

ショートホープやパーラメント・・・懐かしい

叔父の缶ピーや祖父の煙管も懐かしい

そう言えば、父は喫わなかったな


酒もたばこもドクターストップがかかってからでは

手遅れってことだなd30978-25-965326-pixta_42281801-8.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

世捨て人

まだ成人前の頃

「おまえは、世捨て人みたいな奴っちゃな」

と言われた。

確かに・・・

母無し子は、そう言われても仕方なかったのかもしれない。

死を選ぶこともなく、此処まで生きて来たのだが

まったく別人のもう一つの人生を生きて来たのかもしれない。

夜に蘇る・・・本物の自分。

posted by わたなべあきお | - | -

♪夢であいましょう

♪夢で逢いましょう

 夢であいましょう

 夜があなたを抱きしめ

 夜があなたに囁く

 うれしげに 悲しげに

 楽しげに 淋しげに

 夢で 夢で

 君も 僕も

 夢であいましょう


    歌 坂本スミ子   作詞 永六輔  作曲 中村八大maxresdefault.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

キャラクター

想い出と妄想がが作り上げたストーリー

それは懐かしく心地よく・・・

目覚めのちょっと手前の展開は

複雑そして怪奇

僕だけが真っ当な精神状態

発せられる誘惑的な言葉や仕草に

迂闊にも僕は翻弄される

信じられない心変わり

でも、疑いを知らない純な自分

「な〜んちゃって!」のおどけた言葉で

目が覚める

あのねえ〜〜〜

からかわれるキャラクター

これだけは今も昔も変わらないようだ1.11.19-15.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

きみの友だち

ほんとうに悲しいのは、

悲しい想い出が残ることじゃないよ。

想い出がなにも残らないことが

いちばん悲しいんだよ。

だから、わたしはいま幸せだよ・・・。


   きみの友だち(重松 清)


2.4.9-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

作詞家

久しくカラオケにも行かないけれど

何気なく口ずさむ歌を手繰ってみると

僕自身の傾向が浮かび上がってくる

当然ながら表に出てくる歌手が主役なのだが

僕の心は作詞者に惹きつけられる

断トツの作詞家は、やはり<阿久 悠>だろうな

好んで歌ってきた歌を記してみよう・・・

時代おくれ(河島英五) 街の灯り(堺正章)  

青春時代(森田公一とトップギャラン) また逢う日まで(尾崎紀世彦)

熱き心に(小林旭) 五番街のマリーへ(高橋真梨子)

花のように鳥のように(すぎもとまさと)  白いサンゴ礁(ズーニーブー)

  

posted by わたなべあきお | - | -

ハグ

テレビのワイドショーだったかな?

「ハグすると、持っているストレスの三分の一が消滅する」・・・と。

日本では自然な形でのハグの場面にはお目にかかれない。

外国ではたくさん見る場面なんだけど。

裏を返せば、みんなストレスをどんどん溜め込んでいるってこと?

まあ・・・誤解を生みやすい非言語コミュニケーションってわけだ。

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top