<< 2024/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

行けるだけ・・・



『行けるだけ 行けとてすすむ 信行に 行かれぬように ならぬご利益 』


                      (日扇聖人 御教歌)             


(
24.3.25-3.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

まんま〜

まんま〜 まんま〜

「あれ、アキオがマンマごせって言っちょうわ」

その瞬間、母は高熱の身を忘れて目覚め

僕を気遣った・・・(らしい)

有難きかな

母の愛



32580446_1057188651087364_6384373447035715584_n.jpg20210917_172940.jpg
30.1.12-1.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

人生劇場

いよいよ崖っぷちまで追い詰められて

万事休す!・・・の段階でも

秘かに腕組みをして

じっと見つめ続ける自分がいる

まるで他人事でもあるかのように

よくよく見れば

その口元は、何かを楽しんでいるかのような

何やってんだよ!
ギブアップかい?
残った!残った!

凄まじき悲喜劇の人生劇場

2024.3.17.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

一本道

一途に 一本道
馬鹿正直に 一本道
振り向かず 一本道
惑わされず 一本道

蒼空に突き抜ける
一筋の飛行機雲
角度を上げて天空までも飛んで行け

僕は沈んだ心に翼をつけて
あの飛行機雲と同化する



飛行機雲.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

Victory

人生の宝は

ドン底の中に落ちている

勝利を表す

VictoryのVは

いったん下がってから

上がっています

いったん、ドン底に落ちてから

這い上がるのが

Victoryなのです

      <ひすいこたろう>


2024.3.16.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・



4.4.5-3.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

麦飯

その昔、「貧乏人は麦を食え」と言った総理大臣がいたが、現代もそれに近いな。

ピラミッドのトップに目を向けるのか、底辺のその他大勢はどうでもいいのか?

眼の向けどころがあまりにも違い過ぎる。

それを支持する層も、自分をそのトップレベルと過信してるんだろうな。

上流意識?先端意識?

糞喰らえ!と言いたいね。

2024.3.11.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

有るが上にも欲しい

○貧乏人とは、欲が多すぎて満足できない人のことです。

○本当のリーダーとは、多くのことを成し遂げる者ではなく
 自分を遥かに超えるような人材を育てる者

○金持ちは政治家になってはいけない。

○人間とは何なのか、何度も自分に問いかけた。

○本当に日本人は幸せなのかと疑問である。

○政治とは、全ての人の幸福を求める闘いなのです。

○我々は、あの世に何も持っていけない。
 後世に教育を残すのです。

○人生で最も重要なことは勝つことではありません。
 歩み続けることです。

○私は貧乏ではない。質素なだけです。

○貧しい人というのは、ものをもっていない人のことではない。
 真に貧しい人というのは、際限なくものを欲しがり、
 永遠に満たされない人のことである。


               ホセ・ムヒカ元大統領(ウルグアイ)


ホセ・ムヒカ元大統領.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

悪と罪

固定観念は 悪

先入観は 罪

  野村克也語録

手帳とグラス.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

背景の記憶(302)

 これは僕自身の特性と言おうか、あまり分け隔てのない性分だと思う。意識的でもなく持って生まれたものなのか・・・。親の薫陶を受けたわけでもなく、兄姉も歳が離れていたし、強いて言えば父母からの遺伝的感性なのだろう。

 小学生時代、不登校の同級生の家に迎えに行ったり、「あそこへは行ってはいけない」と噂のあった場所にも遊びに行って、ご飯をごちそうになって帰ったりもした。

 中学生時代では、秀才君だけど病弱な彼の家に誘われるがままに遊びに行った。殊の外、お母さんに歓待された記憶がある。そしてこれまたなぜか、転校生とも一早く仲良しになった。こちらからのはたらきかけでもなく、なぜか彼らの方から僕に話しかけてきた。夏休みに、故郷の隠岐の島に一緒に帰ったこともある。親の転勤絡みなのか、超都会的な言葉や振舞への憧れも含まれていたのかもしれない。学級委員とかの肩書?とは無関係で、僕の内面的な(世間知らず)特性がそうさせたのかもしれない。

 高校時代では、ちょっと不良っぽい女子が近づいてきた。たぶん彼女の親も教師だったと思うが、変に世間に拗ねたようなところがあって、シャツの胸元をちょっとだらしなく開けたような仕草が、悪っぽく見せてるようで妙に可愛かった。授業途中なのに教室を抜けだして、他のクラスの男子生徒と手を繋いで帰ったり・・。
 その彼女と還暦の同窓会で再会した時、思わぬことを言われた。「サリン事件の時、ゼッタイ!ワタナベ君があの中にいると思ってた」と。よくよく考えれば、学生時代から、宗教絡みの世界に踏み込んでいるという噂は、同級生たちには知れ渡っていたようだった。

 平凡の中の非凡。そんな自分を超客観視するもう一人の自分がいる。


雲間の陽射し.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

▲page top