<< 2022/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

タイムカプセル

校庭の片隅には無いよ

更衣室の裏庭にも無いよ

だって

僕の心の奥底だもの

覗いてみたいかい

僕には

開けちゃいけない気がするんだよ

二人だけのタイムカプセル

watermark.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

照りつける日射し 
押し退けられる灰色の雲 
気だるい山波
昨夜の夢は熱気に追いやられて
ただ現実だけが立ちはだかる

通学の小学生たちの
かん高いはしゃぎ声も
休日のように聞こえない

直射を受ける草花は
口を開けて待っている
霧水の銀色の花
逃げ惑う小虫たち
うなだれていたひょろい草が
一瞬頭を上げたような

今日という日は

4.4.5-4.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

遠い眼差し

「あなたはいつも遠くを見ていた」

突き刺さる別離(わかれ)の言葉

無意識の心の徘徊

不確実な弁解

自業自得

胸の痛みを癒すかのように

またしても僕は・・・

遠くを見てしまう

8e938bb83fd5ec48ef58695d26a8eab2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

離島の星空

浜辺に引き上げられた櫓漕ぎ舟に

僕たち二人は腰掛けて

沈みゆく夕日を眺めていた

何の言葉も要らない

圧倒的な離島の夕暮れ


劇場の幕間のように

空は満天の星空へと移行する

手が届く・・・を実感する


やがて僕たちは

ゆっくりと仰向けになり

星たちの一員となる

握り合った手は

見事なまでにとろけ合う

360_F_457795193_4tIqPdFZvsHYXvkAhveUA2vEXlDsZkF5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

蒼空

雲の上はいつも蒼空

こんな看板を掲げたお店がある

ちょっと寄ってみたくなるね

僕の心のどんより雲が消えてなくなるようだ


雲一つない蒼空の向こうから

大學の学園祭なんだろう

大音響の歌声が届く

若いってすばらしい

謳歌せよ青春


僕も一瞬若返ろう

20220612_162954.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

照れ笑い

コバルトブルーのシャツ

いきなり見せつけられて

僕は目を見張った


あなたの心の表出


僕よりも周りが感じ取った

恋心


あなたは勇者だね

僕は小さくなって照れ笑い


428.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

魂のふれあい

ゴロゴロ石の急な坂道

木蔭の中の透き通った湧き水

見上げる葉陰に見え隠れする家

登り切った丘の上

見下ろせば真っ青な入り江

此処が知夫里島 生まれ故郷

兄姉眠り 母眠る 自然の只中の墓地

祠は朽ちて土と化し

落ち葉が彼らを優しく覆う

深い緑のトンネルを歩けば

彼らの囁きと笑い声が聞こえるような

もう一度引き返し お〜い!と叫んでみる

こだまは聞こえず

優しい空に吸い込まれていく

お〜い! お〜い!

懐かしくあたたかな魂のふれあい

隠岐の島知夫里.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ただ一言

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
好きと言ってくれてありがとう

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
バスケへのひたむきさをありがとう

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
アナウンサーに成れなくてごめんなさい

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
あなたは僕の太陽でした

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
あなたの純情を受け止められなくてごめんなさい

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
あのまま一緒にアメリカへ行きたかった

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
心のブレーキを踏んだあなたは大人でした

あなたに会いに行こう
そしてこれだけは伝えよう
ただ一言
ストレートを体言してくれたのはあなたでした

posted by わたなべあきお | - | -

置き去りにされた悲しみは

置き去りにされた悲しみは

あなた方には分かるまい

置き去りにされた淋しさも

あなた方には分かるまい


大人の浅はかな感覚は

子供の実感には及ばない


外灯のないバス停で

ひたすら帰りを待っていた

田舎町の運行間隔には怒りさえ覚えた


もう七十年の年月を経ても

こびり付いて離れないあの時の淋しさ悲しさ


わかっていたさ

いや今なら言えるさ

それだけの存在の自分であったと


そんな自分を

天の実母は

どんな思いで見ていたのだろう


そこのあなたに温もりを求めるには

僕はまだまだ幼すぎた

posted by わたなべあきお | - | -

彷徨

辛うじて残しておいた

心の一角を突き抜かれた

迂闊 油断 意外


またしても彷徨

流浪の旅に放り出されるのか

覚悟 別離 彷徨

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top