<< 2022/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

二人の自分

「あなたは、いつもどこか遠くを見ている・・・」

言われて初めてハッとする

でも、その時にはもう遅い

一番大切な人が遠ざかってゆく

僕の本意に反して

消えて行く

無意識の幻想

僕は何を求めて

何を夢見て

遠くを見ていたというのだ

僕は・・・やはり・・・

ふたりの自分を生きている


8e938bb83fd5ec48ef58695d26a8eab2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ひ・と・り

おかあさんのいない少年時代なんて
仮想劇のようなものさ
追いかけても
探し回っても
そして・・・泣き叫んでも
いつも夕暮れの薄暗い街角に
 
ひ・と・り


人生はいつも青春
いつも心の流離い
からだの大きくなった
心は少年のままの男が

ひ・と・り


代役はたくさんいたよ
みんなやさしかった
包んでくれた
そのぬくもりのなかでも
泪が頬を伝うのはなぜ
やっぱり僕は

ひ・と・り



unnamed-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ささやかな空想

そっと名前を呼んでみた

あなたの名前を呼んでみた

暗闇の彼方から

木霊に似た返事がしたような

嬉しい錯覚を覚えた

そして厚かましくも

その木霊を僕の名前に置き換える自分がいる


あなただけが他の人とちがっていたね

ちゃん付けではなくて

丁寧にさん付けだった

親しみとそれ以上と

聞き分ける語感に

心の重さを感じる僕だった

嵯峨野コスモス2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

コスモス

あなたが一番好きな花

それは コスモス

純潔 優美 調和 乙女の愛情 幼い恋心・・・

あなたそのものの花言葉たち

あなた自身に逢えるような衝動に駆られて

僕は嵯峨野路を歩く

夏の天の川に似て

この季節だけのあなたとの再会

嵯峨野コスモス2.jpg嵯峨野コスモス3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

悦び

言葉にしなければ 伝わらない

でも・・・

言葉にしない中で

相手の胸に響く悦びが

僕はとっても嬉しいのです

それが堪らなく好きなのです

そしてまた

その確証とも言える

相手の眼差しが

僕の胸を射抜くのです



da916e282cee8a932c4db90eec2339d5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

いざ、勝負!

相似の体験

相似の罰

父と同じ体験をしている僕

遺伝の一言では語れない何か

憎むべき本質を断ち切ろう

いざ、勝負!

posted by わたなべあきお | - | -

ショック

あなたの写真がありません

ただの一枚もありません

焼き払ったのでしょうか

それさえも記憶がありません

誕生日も覚えていません

見事なまでのショック

母との別離に匹敵する

止まってしまった記憶と時間

posted by わたなべあきお | - | -

タイムカプセル

校庭の片隅には無いよ

更衣室の裏庭にも無いよ

だって

僕の心の奥底だもの

覗いてみたいかい

僕には

開けちゃいけない気がするんだよ

二人だけのタイムカプセル

watermark.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

照りつける日射し 
押し退けられる灰色の雲 
気だるい山波
昨夜の夢は熱気に追いやられて
ただ現実だけが立ちはだかる

通学の小学生たちの
かん高いはしゃぎ声も
休日のように聞こえない

直射を受ける草花は
口を開けて待っている
霧水の銀色の花
逃げ惑う小虫たち
うなだれていたひょろい草が
一瞬頭を上げたような

今日という日は

4.4.5-4.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

遠い眼差し

「あなたはいつも遠くを見ていた」

突き刺さる別離(わかれ)の言葉

無意識の心の徘徊

不確実な弁解

自業自得

胸の痛みを癒すかのように

またしても僕は・・・

遠くを見てしまう

8e938bb83fd5ec48ef58695d26a8eab2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top