<< 2023/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

なまえ

生まれ故郷の村には、同世代で「あきちゃん」がたくさん居ました。

みんな「あきちゃん」なので、必ず屋号を付けて呼びました。

新屋のあきちゃん、常盤屋のあきちゃん、真野のあきちゃん、そして

僕が新宅のあきちゃん。

結婚の何たるかもわかっていないのに、

「結婚したら、ややこしいなぁ」なんて言い合っていました。

僕の命名の言われが、「子供にはもう飽きた。だから・・・」

と聴かされた時には、冗談だとは分かっていても、腹が立ちました。

命名にも流行りがあるようですが、どうも最近の名前には共感できません。

漢字一つの重みと言うか、深さと言うか・・・

それを吟味した命名であるべきだと考えます。

因みに、子供たちや孫たちの名前は・・・

「浩」「俊(すぐる)」「祐子」

「翔(かける)」「愛(まな)」「昂(のぼる)」





銀杏.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

則天去私

『 則 天 去 私 』

 
   天 に 則 り  私 を 去 る

銀杏.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

痩せこけた頬

悲嘆の先にあるものを見つけに行こう

目の前の野山は永遠に続くわけじゃない

登って・・・下りて・・・

登って・・・下りて・・・

晩の泊りの岩陰で

あなたに出逢った夢を見た

あなたは病に臥せっていたのだろうか

声をかけるには躊躇した

遠い山端の薄明りの中に

あなたの寝顔は消えて行った

♪just like a boy・・・

♪痩せこけた頬のままで・・・

思わず浮かんだ歌詞とともに

僕は立ち上がり、歩き始めた

23.5.6-4.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

独りじゃない

誰も 独りじゃない

どんなに滅入っても 立ち直れる

絶望の淵からでも・・・



あなたも 独りじゃない



だから

僕も

独りじゃない



夕暮れ.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

見つめてもいいですか?

過去のブログ

過去のブログ

59553_560.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

絨毯

極まれば 光が見える

瞑目の中に 光明が射しこむ

こころ・・・静態にして

心眼・・・鋭く

黄、紅の絨毯の上で

僕は・・・

心地よく疲れた体を横たえる

銀杏並木.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

突破口

悲観的に、全面的に、絶望的に、自己責任として受け止めるのではなく

反省と超第三者的に、己を注視すれば、自ずと答えは浮かび上がってくる。

改良の余地は残されている。

其処が救いだ。

じ〜っと溜め込んで、溜め込んで・・・

ひたすら己を注視して、注視して・・・

見出した一点を改める!

そうさ!そこが突破口さ!





30.7.10-2.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

無言

罵詈雑言よりも

多言、活舌よりも

無言で、じ〜っと見つめられることの方が数段怖い

心の奥底まで

見透かされているようで

キャッスル.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

有 無


「なんでもアリは、何にもナシと一緒です。」

              長松 清潤 御導師
 

ヤツデ.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

人間の偉大さ

ボブマーリーの言葉.jpg

posted by わたなべあきお | comments (0) | trackbacks (0)

▲page top