<< 2013/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

背景の記憶(136)

♪待ちくたびれて 日暮れ道
 知らんふりして いたっけね
 おさげの先を つまんだら
 にらんだ横眼が 濡れてたね
 ごめんねごめんね チコちゃん

 笑ったつもりの 泣き顔で
 お嫁に行くのと つぶやいた
 仕方ないわの つぶやきは
 聞こえぬふりして 別れたが
 ごめんねごめんね チコちゃん

             ごめんねチコちゃん(三田  明)25.6.7-2.jpg

恋愛と結婚は違う・・・

早すぎたり、遅すぎたり

若過ぎたり、適齢期の言葉の重圧だったり

微妙なタイミングのズレが、わかれ道を作った

posted by わたなべあきお | - | -

目は心の鏡

絵心のある先輩の言葉

「顔を見れば、その人の人間性が分る・・・特に目だな」

いい人、優しい人、賢い人・・・

ずるい奴、悪賢い奴、出しゃばりな奴・・・

そうか〜<目は心の鏡>というわけだ

僕は彼の眼に

どんな被写体として写っているのだろう?

25.6.7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top