<< 2018/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

背景の記憶(269)

カラオケの前奏が始まったとき、僕はあなたの携帯番号にONして、

胸のポケットに入れた。そして歌い始めたその歌は、

あなたへの想いそのものだった。

何がそうさせたのか・・・

臆病者の僕にしては、大胆な行動だった。

いや、想いを歌に託したのは、やはり僕は臆病だったのかもしれない。

戦友・・・相棒・・・知己・・・

軽く浮かれたステージを超えた強烈な心の繋がりが、そうさせた。

眼には見えなくても

強く太いラインは厳然と目の前にある。

超える・・・超えない・・・その葛藤の中で

燃え尽きて・・・昇華して・・・

その結晶は純化する。

君は、今・・・何処にいて何を思っていますか?

僕は、今・・・亡霊のような想い出の中で

吸う息を貰い、明日のいのちを確認する。



そんな場面をいくつ数えた?


30.8.17-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ワタナベ住設便り(8)

     ☘冬  瓜☘

冬の瓜と書きますが、夏が旬の野菜です。口当たりが優しく、さっぱりと食べられる

ので夏バテで食欲がないときにうってつけの野菜です。

もうしばらく続く暑さに負けないよう、是非食卓の一品に入れてみられてはいかが

でしょうか。

冬瓜は役95%が水分で、とても低カロリーな野菜。

冬瓜の栄養効果は・・・

〇風邪の予防  〇むくみの解消  〇高血圧の予防  〇美肌効果

〇便秘解消  〇脂肪の蓄積を防ぐ


▲冬瓜は表面に傷や痛みがないものを選び、ずっしりと重みのあるものを選びま

しょう。品種によっては表面に白い粉を吹いているものもありますが、品質には

問題ありません。f1d96fb21a5a8c82efd86a3ceb30e16d_s.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

むずかしさとたのもしさ

「人間にいちばん大切なのは逆境に立ったときだ、借銭などでいちじを凌ぐ癖が

ついたら、とうてい逆境からぬけ出ることはできない、どんなに苦しくとも、

自分の力できりぬけてこそ立ち直れるものだ」



[
人間とはふしぎなものだ・・・悪人と善人とに分けることができれば、そして或る

人間たちのすることが、善であるか悪意から出たものであるかはっきりすれば、

それに対処することはさしてむずかしくはない、だが人間は善と悪を同時に持って

いるものだ、善意だけの人間もないし、悪意だけの人間もいない、人間は不道徳な

ことも考えると同時に神聖なことも考えることができる、そこにむずかしさとたの

もしさがあるんだ」


              「ながい坂」 山本周五郎

posted by わたなべあきお | - | -

政治

政治は必ず庶民を使役し、庶民から奪い、庶民に服従を強要する。

いかなる時代、いかなる国、いかなる人物によっても、

政治は常にそういったものだ。


             (山本周五郎)

posted by わたなべあきお | - | -

さむらいの道

「なるほど武士は刀法をまなぶ、弓、槍、銃、馬術など、身にかなうかぎり武芸を

稽古する、それはたしなみとして欠くべからざるものだから、けれどもそういう

武芸を身につけたからといって少しも武士の証しではない、さむらいの道の神髄は

それとはまったく違うところにあるのだ」


                ☆


「・・・さむらいとは『おのれ』を棄てたものだ」


                ☆


「生死ともに自分というものはない、常住坐臥、その覚悟を事実の上に生かして

ゆくのがさむらいの道だ・・・」


                ☆


「おまえは我流ながら刀法をよく遣う、しかし人間がけんめいになってやれば、

刀法に限らずたいていなわざは人並みにできるものだ、しかしわざはどこまでもわ

ざに過ぎない、心のともなわぬわざは注意が外れた刹那に身からはなれるだろう」


                ☆

「心がその道に達していれば意識せずとも肉体は必要な方向へ動く、剣をとろうと

鍬をとろうと、求める道の極意はその一点よりほかにはないのだ」



                山本周五郎 「壺」

29.11.17-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

強さ

「人間はもともと弱いものだし、力のあらわれは一様ではない、鉄石の強さも

強さ、雪に折れない竹の撓みも強さだ、ここで剛毅心をふるい起こすよりは、

この虚しいもの淋しさを認めるほうが、おれにとっては強さであるかもしれない」


                山本周五郎「樅ノ木は残った」



29.11.17-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

アクション

〇 運命を変えるためには

  自分のアクションを変えること。


           (seijun)




30.8.2-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(268)

0729matsue-3s.jpg


水の都は各地にあるが、故郷・松江もその名にふさわしい水郷都市だ。

宍道湖、嫁ケ島、松江大橋・・・そこに上がる花火は絶景だ!

糊の効いた浴衣を着せられて、慣れない下駄を履かされて・・・

父に手を引かれて見物に行った。

横に母がいないのが寂しい。

母は北松江の生家で、あの花火を楽しんだのだろうか?

posted by わたなべあきお | - | -

逆走

〇逆走車は珍しくないが

 逆走台風は超珍しい・・・12号の怪。


30.7.29-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

少欲知足

『欲少なくして、足るを知る』


なかなかその域に達することができない凡夫の悲しさ。

人を羨み、僻みっぽくなってしまうのが大方。

30.7.28-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top