<< 2020/09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

時代おくれ

 ♪一日二杯の酒を飲み
  さかなは特に こだわらず
  マイクが来たなら 微笑んで
  十八番を一つ歌うだけ
  妻には涙を 見せないで
  子供に愚痴を きかせずに
  男の嘆きは ほろ酔いで
  酒場の隅に置いて行く
  目立たぬように はしゃがぬように
  似合わぬことは無理をせず
  人の心を見つめつづける
  時代おくれの男になりたい

  不器用だけれど しらけずに
  純粋だけど 野暮じゃなく
  上手なお酒を 飲みながら
  一年一度 酔っぱらう
  昔の友には やさしくて
  変わらぬ友と 信じ込み
  あれこれ仕事も あるくせに
  自分のことは後にする
  ねたまぬように あせらぬように
  飾った世界に流されず
  好きな誰かを思いつづける
  時代おくれの男になりたい
  目立たぬように はしゃがぬように
  似合わぬことは無理をせず
  人の心を見つめつづける
  時代おくれの男になりたい

          ♪河島英五   作詞 阿久悠 




  2019.4.11-3.jpg

 好きな誰かは・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

さらば青春

♪僕は呼びかけはしない
 遠くすぎ去るものに
 僕は呼びかけはしない
 かたわらを行くものさえ
 見るがいい黒い水が
 抱き込むように流れてく
 少女よ泣くのはお止め
 風も木も川も土も
 みんなみんな
 たわむれの口笛を吹く

 僕は呼びかけはしない
 遠くすぎ去るものに
 僕は呼びかけはしない
 かたわらを行くものさえ
 見るがいい黒い犬が
 えものさがしてかけて行く
 少女よ泣くのはお止め
 空も海も月も星も
 みんなみんなうつろな輝きだ

         さらば青春   小椋佳


 

 08ttyy.jpg

僕の人生は・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

T様邸(向日市)新築工事

20200912_172337.jpg20200912_172359.jpg20200912_172352.jpg20200912_172436.jpg20200912_172323.jpg20200912_172312.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

スロー,シンプル ライフ

〇「母性愛欠乏症」と自虐的に書いたりしてきたが、幼くして母親を亡くした

 男は、異性に対して、常に観念的で、bookishであるらしい。


〇何(誰)が正しくて、何(誰)が間違っているのか、先になってみないと

 分からないことが多すぎる。ここらで深呼吸してみよう。

 えっ!なのか、やっぱり!なのか



〇「世代とは、他の世代に対する敵対者である」 五木寛之

 ・・・同感なり・・・


〇「真のユーモアの源泉は哀愁である」   マーク・トウエイン


〇「アサガオの蕾は、朝の光によって開くのではない。それに先立つ

 夜の時間の冷たさと闇の深さが不可欠である。」  アサガオ研究家


〇スローライフ ☆ シンプルライフ  は、もはや死語か?

 こんな時だからこそ!という自分がいる・・・30.9.8-3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

結婚しようよ

〇父 曰く 「九月一日は亡妻の日」


〇富の偏在・・・「点」を消して、無意味に広がり行く「面」の現実


〇「愛する」の対義語は(憎む)ではなく、「無視」「無関心」

 だそうです。マザー・テレサでしたっけ?


〇誕生と言うことは、死への第一歩を踏み出すこと。


〇「人はみな泣きながら生まれてくる」   シェークスピア


〇「死ぬべき人間を死為さずに生かしておくことが、はたして

 本当の医学の勝利なのだろうか・・・おだやかに死んでいくことに

 導くのも医学の使命ではなかろうか」  五木寛之


〇プー太郎のころ、バイトが退けたら仲間たちと細い階段を昇ったところに

 その店はあった。夜のスナックになるまでの小一時間、僕たちはコーヒー

 一杯でジュークボックスを聴いた。ストーンズやデイ−プパープルが主だった

 が、あの時!拓郎の「結婚しようよ」が、みんなにある種のショックを

 与えた。それを機会にそれぞれが一人また一人と現実の中に組み込まれて

 いった。長髪を切りネクタイを締め社会の入り口に向かうかのように・・。

1.11.19-12.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

田舎者のプー太郎

〇田舎者のプー太郎を劇的に変えたのは、英会話教室のアメリカン女性教師

 だった。レッスンの後の濃密な個人授業〜喫茶店でコーヒー一杯で二時間

 教材は小学生の漢字ドリルだった。彼女の旦那がロックバンドのヴォーカル

 リーダーと知ったのは、かなり後になってからだった。


〇結局は、彼女が洋書の原書に等しかったわけだ。


〇しかし、片道切符のアメリカ行きは、アルバイト先の交通事故トラブルで

 貯金は無くなり、借金が残り、空しく消え去ってしまった。


2020.6.29.8.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

洋書の原書

〇「あきらめる」の語源は・・・「あきらかにきわめる」・・・ことだそうです。


〇CORONA 有名人は同情され、一般人は避難、差別されるのは

 何故でしょう?わが身に置き換えたら、分るでしょうに・・・


〇テレビのことを「電気紙芝居」って言ってたのは誰だったかな?

 ・・・まったくそう思える時があるよ。


〇未来ばかり見ていると・・・「昨日」に復讐される


〇「本を読め、たくさん読め」「洋書の原書を読め、解らなくても

 読み通せ、必ず伝わり響くものがある」・・・国語の教師だった

 父の言葉が蘇る。


30.1.12-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

時代性

物事の判断に、時代性は欠かせない。

いや、そのほとんどが時代に組み込まれ、翻弄されていると言っていい。

自身を語れば、やはり僕の時代は昭和だろう。

昭和に生まれ、育ち、もがき苦しみ、喜びを享受し、幾多の別離を体験した。

やせ我慢じゃなくて、苦しみの無い人生は無意味に等しい。

その時その時を達観して生きて来たわけではないが、他人さまから見て

<世捨て人>的志向と行動であったことは間違いないだろう。

常に、もう一人の自分が斜め45度上から監視(?)していた。

それは、僕なりの解釈では、もう一人の自分は<亡き母>なんだと思う。

この世に居なくても、見つめ、監視し、守り、励まし、助け、時に身代わりに

なる。

その僕の誕生日が明日であり、母の命日が明後日だ。32580446_1057188651087364_6384373447035715584_n.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

S様邸(北区)給湯器取替工事

2020.8.28-1.jpg

ノーリツ製品(屋内強制排気型)

posted by わたなべあきお | - | -

青春

〇ある程度のスタンスをおいてみる見ないと、事の良し悪しは分からない。

 一喜一憂しないこと。大衆に迎合しないこと。偽カリスマに傾倒しないこと。

 じゃあ何を信じるのか?それが人生の一大課題だ。


〇「青春」 「朱夏」  「白秋」  「玄冬」

 さて、私は何処にいる?

 青春 と言えば、笑われるのかな?






2020.8.9-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top