<< 2022/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

オアシス

何気ない言葉の中に
棘を感じて
意図とは断りなく
隙を刺される

辛うじて信じていた心の片隅の空間が
あえなく占領しつくされる

また・・・
別のオアシスを求め歩くのか

杖も日除け帽も
もうその務めには耐えらえそうにない
4.8-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

蜃気楼

あなたは

急ブレーキを踏んだ

フロントガラスに頭をぶつけた

そして急転回

禁止表示などまったく無視

助手席の僕は路上に放り出された

走り去る白煙を

僕はうつ伏せのまま見続けていた

蜃気楼のように

車の影がゆらゆらと揺れながら

遠ざかって行った・・・


あれは・・・

蜃気楼ではなくて

僕の涙だったんだ

蜃気楼.jpeg

posted by わたなべあきお | - | -

おかあさん

サトーハチローのような

<おかあさん>は書けないよ

羨ましい・・・としか言いようがない

おかあさんがいてくれたら

何もいらない

食べ物も着るものも

物はいらない

温もりと

柔らかさと

頬ずりがあれば

他にはなにもいらない

23577d26d013f5f.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

確立

己の心を凝視する

出来そうで出来ていない

己の心を分析する

これも同じ

出来そうで出来ていない

あまり自分を責めるなよ

それが逃げることとは違うんだから

それが責任転嫁ではないんだから

幾つになっても

いつまでたっても

確立しない 僕

posted by わたなべあきお | - | -

倖せ

倖せは一瞬でいい

いつも倖せだったら

それが当たり前になるから

倖せは一瞬でいい

30.7.10-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

おかあさん

両手を大きく広げて

迎えるあなた

しゃがみこみ目線を合わせて

抱きしめるあなた

その温もりが

その柔らかさが

僕の記憶にないのはなぜでしょう

おかあさん おかあさん

途切れた残像は

三歳のままだ

32580446_1057188651087364_6384373447035715584_n.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

防波堤

僕が、あなたの防波堤になりましょう

僕が、あなたの防風林になりましょう

僕が、あなたの防砂壁になりましょう

お世話になりつくしたあなたへの

せめてもの恩返しです
3854adc57415272a6dbdaf4017e4d6b4-7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

斜め45度

仮の自分を生きている

本物の自分は何処へ忘れてきた

何処へしまい込んでしまった

仮の自分がホンモノの人たちと

関わり、話し、表面だけの笑顔をつくる



ホンモノの自分は

斜め45度上の空から見つめている

何も言わない

何もしない

ただじっと見つめているだけ

早く此処へ来いと

言ってもくれない3.5.6-7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

時の悪戯

逢うのがほんのちょっと遅かった

僕はもう自由じゃない

だからすべてを投げ出されても

僕は受け取れない


あのときは知らなかった

きみは14も年下の女学生だった

歳月が流れて

大人としての再会

勢いに押されて僕は後退りした

posted by わたなべあきお | - | -

お土産話

母が女の厄年で亡くなって

僕はもうその歳の倍以上も生きているんだが

年下とは思えない・・・この感覚は何なんだろう

母も向こうで歳を重ねているということか

そうでないとつじつまが合わないよな

うん、そうに違いない

見守られ続けているんだよな

お土産話が少ないな

愚痴話ばかりでは申し訳ないもんな

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top