<< 2022/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

京都ラブストーリー

 普通の男なら、その段階でピンと来そうなものだけど、そこは鈍感男の面目躍如?ひたすら真面目にレッスンは進んだ。ん?と思い始めたのは予定時間の終了間際。先生はどこか余所余所しく終わりを告げたのだった。後々考えれば、年齢は近かったにしても、相手はミセスであり、第一先生と生徒の立場関係からすれば、次のストーリーは考えられなかった。

 次のレッスンの帰り道、車の中で先生が呟いた。「この間はゴメンナサイ・・・
さびしかったの・・・」と。その時、初めて知った。旦那は京都では、いや関西エリアでもそこそこ名の知れたロックバンドのリーダーであり、ボーカルだった。彼がアメリカで放浪の旅をしていた時に知り合い、そのまま日本へ付いてきたらしい。彼自身に、そしてグループの仲間に、どんな日常が展開されていたのかは、僕にも分からない。しかし僕とは真逆の世界があったに違いないことは想像できた。

 田舎者の僕が純粋とは言わないまでも、特殊な世界の色に染まっていない一面が先生には新鮮に映ったのかもしれない。車を停めて、じっと前を見ながら話す先生の頬に涙が伝った。金髪と産毛が対向車のライトに照らされて・・・外国映画のワンシーンのように感動した。「さあ、行きましょう!」自らに言い聞かすように先生はアクセルを踏んだ。助手席で僕は考えていた。先生と付き合い始めて、着るものもジーパンやボタンダウンのシャツが定番になっていたし、髪も伸ばしたままで二人並んで歩いても、まったく違和感のない間柄になっていた。いつの間にか。

 ふたりのことを、クラスの女性たちは敏感に感じ取っていた。直接には言わないけど、「先生、わたなべさんに優しいよね」とか「いつも帰り一緒だね」とか言われた。僕はただ笑ってやり過ごしだけだった。あまり突っ込んで聞かれると、「出来の悪い生徒ほどかわいいもんなのさ」なんて答える自分がいた。

 最初の「プリテンド」の忠告通りに、僕はまさに先生色に染められて行った。臆病で無口な恥ずかしがり屋は、真逆とは言わないまでも、ちょっと自信めいた自分を主張できるようになっていった。先生なりの工程表に乗って、変わって行く僕を、先生はどんな心で、どんな目で、見続けていてくれてたのだろう?

posted by わたなべあきお | - | -

紅い花

♫ 昨日の夢を 追いかけて

今夜もひとり ざわめきに遊ぶ

 昔の自分が 懐かしくなり

 酒をあおる

 騒いで飲んで いるうちに

 こんなに早く 時は過ぎるのか

 琥珀のグラスに 浮かんで消える

 虹色の夢

 紅い花 想いをこめて

 ささげた恋唄

 あの日あの頃は 今どこに

 いつか消えた 夢ひとつ

           ♫「紅い花」 すぎもとまさと


  
 maxresdefault.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

二人の自分

「あなたは、いつもどこか遠くを見ている・・・」

言われて初めてハッとする

でも、その時にはもう遅い

一番大切な人が遠ざかってゆく

僕の本意に反して

消えて行く

無意識の幻想

僕は何を求めて

何を夢見て

遠くを見ていたというのだ

僕は・・・やはり・・・

ふたりの自分を生きている


8e938bb83fd5ec48ef58695d26a8eab2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

京都ラブストーリー

 英会話学校への入学手続きを済ませ、僕は一回目の授業に向った。クラスは七人編成で、男性は京都大学の大学院生が一人、京大生が一人、そして僕。女性は社会人が二人、大学生が一人、そして高校生が一人だった。

 先生はアメリカ人でMrs.ステッファニー柴田と紹介された。ブロンズのロングヘアーでスレンダー美人だった。初日と言うことで自己紹介で始まり、僕以外の皆はスラスラと答えて行った。困ったのは僕だ、まさかぷー太郎と言うわけにもいかず、名前と年齢だけに止めておいた。

 先生は柴田姓と言うからには、旦那が日本人なのだろうと、あまり深くは考えなかったのだが、後にその旦那の中身を知った時には、正直驚いた。

 レッスンが進むにつれて、僕は自己嫌悪に陥った。それは明らかなボキャブラリーの貧困だった。大学院生や大学生に比べて、その差は歴然としていた。正直に言って女子高生と同程度だったのだ。これは内心少なからずショックだった。

 しかし、五回目を過ぎたころ、事態は急展開した。レッスンの後、先生に声をかけられた。「ちょっと時間ありますか?」「はい」誘われるまま僕は先生の車の助手席にいた。車はスバル360で始動キーは無く、電線をショートさせて起動させた。驚く僕に先生はちょっと微笑んで車を走らせた。

 着いたのは喫茶店。光を落とした薄暗い店だったが、若者が多くざわざわとしていた。一番奥の席に座って、先生はコーヒーを注文した。そして、僕に告げた。
「あなたに個人レッスンをします。教材はこれです」と言って、小学三四年生の漢字ドリルを差し出した。「あなたは、これを使って私に日本語を教えてください。もちろん英語で」そして、ギブandテイクだからレッスン料は要らないと。

 最初に彼女が僕に言ったことは、言わば田舎者で世間知らずそのものの僕に、「pretend」を求めた。大袈裟なくらいに演技してみろと言うわけだ。そしてさらに彼女は言った。「あなたは言葉は少ないけど、伝わってくる何かを持っている。」と。会話ではなく単語の羅列のような大学生ではダメだというわけだ。あくまでも現実生活の中の生きた会話〜それを求められ、大きな刺激を与えられたわけだ。

 この課外授業は一年以上続いた。いや、続けて頂いたと言うべきだろう。そうした中、僕の女性コンプレックスや外人コンプレックスは、徐々に薄らいで行き、内面的変化が自分でも自覚できるように成っていった。

 真夏のある日、事件(?)は起きた。先生が「今夜は喫茶店ではなく、友達の部屋が空いているから、そこでレッスンしましょう」と言ったのだ。



 

posted by わたなべあきお | - | -

赤ちゃん返り

「赤ちゃん返り」は永遠に続くものだと思う

幼少時に奪われたものを求めて・・・。

七十を越えた今だって・・・

普通の人には

陳腐極まりないだろうけど・・・

31.3.11-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top