<< 2019/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

脱出の名人

亡き父に

「おまえは、脱出の名人だな」

と言われた僕ですが・・・

それはかなり昔のこと

つまりは<青春>の裏返しです。


しかし・・・

もしこの技が、今の僕にも宿っているのなら

その名人ぶりを発揮ささたいものだ。

いや、何としても呼び覚まして

この逆境(難局)を突破しなければなるまい。


人の所為にするのは容易いことだ。

世の中や政治の所為にするのも口惜しい。

若いころの<脱出>は

言葉を換えれば<逃亡><逃避>に過ぎなかった。

その場から逃げる、その人の前から消える・・・

それを勝者の言葉に置き換えて

自分を正当化していただけなんだ。


さあ、

今は諸問題を投げ出して逃亡する場合ではない。

這いつくばって

目線は鋭く上に向けて睨みつけ

やがて木っ端みじんに打ち砕き

覆い被さる闇の罠を

鋭い刀で切り開き行こう。1.6.25-1.jpg

僕が・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

椎間板ヘルニア

妻が椎間板ヘルニアということで、まったく動けなくなってしまった。

最初はちょっとした腰の痛みだろう・・・くらいに思っていたのだが

一向に治る気配がなく、かかりつけの病院へ連れて行って検査したら

「椎間板の隙間が狭くなっていて、神経を刺激している」

「まあ・・・時間薬ですね」とのこと。


帰宅してから、僕の家事が始まった。

子供たちのの出産時やら、家内の別の病気以来のことだ。

寝床からの家内の指示に従って、料理やらその他家事全般。

長男出産時、茶わん蒸しを作ったことなど、懐かしく思い出す。

洗濯物干しや部屋の掃除は、もうかなり前から、僕の役割分担なので

さして苦にはならない。


料理もその気になれば楽しいものだ。

新たな発見もあり、自分なりの工夫も生まれてくる。

そうは言いながら、毎食となると、やはりレパートリーは広がらない。

焼き飯、カレーライス、サラダ、みそ汁、そーめん、そんなところか。


もう二週間が経過した。

昨日は、起き上がりが困難なので、折り畳み式のベッドをネットで購入した。

51YrcQEb1kL._SX355_.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

タブレット時代

1.6.2-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ははは・・・

「ははは・・・」

あなたに・・・

僕の

「自嘲の笑い」の本質が

解りますか?29.11.26-5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

一人称







私 


我 


どれが自分にしっくりくるのか?

やはり、僕の場合・・・「僕」だろう

現に、こうして「僕の・・」と言っているのだから

「俺はさぁ・・・」なんてカッコつけて使った記憶はない

「私は・・・」ほど改まった場面も少なかったし、女性っぽいイメージが強い

「我」か・・・哲学者でも物書きでもないしな

御年七十の「僕」か・・・

自分勝手な己のテーマは「青春」だからな

やはり「僕」がしっくりくる



   kyo_shi.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ふるさと

♪春はかげろう麦畑
 夏はひでりのせみしぐれ
 秋はおまつり笛太鼓
 冬はよなべのいろりばた
 あの人にふるさとを見せてあげたいの
 あの人はふるさとのない人だから

 春は菜の花あげひばり
 夏は川風ほたるがり
 秋は夕焼け赤とんぼ
 冬はこな雪山の音
 あの人にふるさとを見せてあげたいの
 あの人はふるさともみよりもないの
 裏のお山の柿の実が
 真っ赤に真っ赤にうれるころ
 あの人連れて帰ります
 会ってくださいお母さん

        ♪シモンズ 「ふるさとを見せてあげたい}

1234_a.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ムジョウ

何があっても、耐えられる原動力は何か

貶されても・・・

蔑まれても・・・

無視されても・・・

「貴方です」と言われたい

そして

「貴方です」と答えたい

この世の「無常」

そして

この世の「無情」

31.3.25-3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

阿吽

攻めまくらない・・・のも

ひとつの手段です

一種の安売りになりかねません・・・からね

もったいぶる〜というのでもなく

むこうとこっちの

阿吽の呼吸がいいのです31.3.7-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

季節の変わり目

季節の変わり目に、必ずと言っていいほどダウンする。

医者行かず(嫌い)の僕は、まるで犬のように

じっと伏せて回復を待つ。

対症療法で、熱が出れば解熱剤、痛ければ鎮痛剤・・・というのが

どうも苦手だ。

僕の身に潜む、<自然治癒能力>を信じている。31.2.15-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

まだまだ・・・

31.2.11-1.jpg31.2.11-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top