<< 2019/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

送り火

1.8.18-2.jpg1.8.18-3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

朝露

「蝉の寿命〜一週間くらい」というのは俗説だそうですね。

実は一カ月くらい生きるらしいです。

でも、それにしても短命は短命だ。

仏教的には、「人の命は朝露のごとし」と説かれている。

この尺度は、「人生百年時代」と言われる今日、なかなか受け入れがたい。

発想を大転換して、宇宙的尺度(何十、何百億光年)と比べれば

確かに朝露のごとき儚い命ということになる。

壮大な想像力と絶望的な無力感との対比。

君は何を思う?



2019.8.8-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

塩梅

綿密に計画を立てて


いい加減に実行する


結果は・・・


いい塩梅になる


・・・そうです


DSC08632_20140220091209a6c.jpg

※この際、「いい加減」の意味把握がポイントなのです。

posted by わたなべあきお | - | -

七夕

<七夕>にこじつけるわけじゃないけれど

僕は

そんな再会でも、嬉しい

一年に一回 が

三年に一回 だっていい

今の僕にとっての周期は

そんなレベルなんだ


遅いけど・・・無茶苦茶速い

長いけど・・・すぐそこにある


夢は抱き続けてこそ夢だよな


その暁には!・・・と自分に言い聞かせて

もう何年経ったんだろう?

無責任な心配?を人伝えに耳にする

そんな優越感の塊りには怒りすら覚えない

僕はもうあなたとは決別しています

普通に接していますが心はありません

そんなあなたですから、僕の心底は見えないでしょう

見えたら・・・僕の負けです


僕は闘います

最後の最後まで

勝ち誇ることはありません

自分自身へのケジメのためだけです


こうして心情を殴り書きしていると・・・

僕もなかなか執念深い男ですね

肉体は老いても

心根は死にません

smile.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

僕は生きている・・・今を

敢て・・・<音信不通>を貫いている

なぜか?

なぜか?

ん〜〜〜・・・

中途半端が嫌なのかな

どっちにでも転がる段階で

無責任なお知らせはできないんだよ

それで<礼儀に失する>と言われれば

甘んじて受け入れる

僕の本質を知る人には伝わるだろう

<ナベちゃんらしいな>・・・と

それでも・・・

そんな人も片手の指で収まっちゃうな

喜ぶべきか

悲しむべきか

僕は・・・前者を取る

一人でも

そう言う人があれば

shutterstock_411972601-w960.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

とんぼ

「なにくそっ!」精神を失っちゃ・・・お終いだ

反骨 反発、反撃

恨みはないさ

やり返してやろう・・・とも思わない

もう一人の自分への発破かな

負けんなよ

へこたれんなよ

見返してやれよ

そして・・・僕は・・・

<とんぼ>を口ずさむ


♪ざらついた苦い砂を噛むと

 ねじ伏せられた正直さが

 今頃になって

 やけに骨身に染みる


20190705-tonbo-sub5-947x633.jpg

僕が

この歌を唄うわけが分かりますか?

歌の途中で

うっすらと涙を滲ませる瞬間に

気付きましたか?

カラオケの

ただの十八番じゃないのですよ

大袈裟ではなく

ぼくの魂の叫びなんです

posted by わたなべあきお | - | -

脱出の名人

亡き父に

「おまえは、脱出の名人だな」

と言われた僕ですが・・・

それはかなり昔のこと

つまりは<青春>の裏返しです。


しかし・・・

もしこの技が、今の僕にも宿っているのなら

その名人ぶりを発揮ささたいものだ。

いや、何としても呼び覚まして

この逆境(難局)を突破しなければなるまい。


人の所為にするのは容易いことだ。

世の中や政治の所為にするのも口惜しい。

若いころの<脱出>は

言葉を換えれば<逃亡><逃避>に過ぎなかった。

その場から逃げる、その人の前から消える・・・

それを勝者の言葉に置き換えて

自分を正当化していただけなんだ。


さあ、

今は諸問題を投げ出して逃亡する場合ではない。

這いつくばって

目線は鋭く上に向けて睨みつけ

やがて木っ端みじんに打ち砕き

覆い被さる闇の罠を

鋭い刀で切り開き行こう。1.6.25-1.jpg

僕が・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

椎間板ヘルニア

妻が椎間板ヘルニアということで、まったく動けなくなってしまった。

最初はちょっとした腰の痛みだろう・・・くらいに思っていたのだが

一向に治る気配がなく、かかりつけの病院へ連れて行って検査したら

「椎間板の隙間が狭くなっていて、神経を刺激している」

「まあ・・・時間薬ですね」とのこと。


帰宅してから、僕の家事が始まった。

子供たちのの出産時やら、家内の別の病気以来のことだ。

寝床からの家内の指示に従って、料理やらその他家事全般。

長男出産時、茶わん蒸しを作ったことなど、懐かしく思い出す。

洗濯物干しや部屋の掃除は、もうかなり前から、僕の役割分担なので

さして苦にはならない。


料理もその気になれば楽しいものだ。

新たな発見もあり、自分なりの工夫も生まれてくる。

そうは言いながら、毎食となると、やはりレパートリーは広がらない。

焼き飯、カレーライス、サラダ、みそ汁、そーめん、そんなところか。


もう二週間が経過した。

昨日は、起き上がりが困難なので、折り畳み式のベッドをネットで購入した。

51YrcQEb1kL._SX355_.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

タブレット時代

1.6.2-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ははは・・・

「ははは・・・」

あなたに・・・

僕の

「自嘲の笑い」の本質が

解りますか?29.11.26-5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top