<< 2013/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

坂道

遠回りをしよう

右折左折の坂道を

歩け歩け

車では見過ごすものを見つけよう

畑仕事のおじいさん

梅の実 木漏れ日 小鳥の囀り

木蔭で立ち止まり目を閉じよう

風は心地好く

君の声を運ぶ

たまには便りをしやしゃんせ

 
25.6.9.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(136)

♪待ちくたびれて 日暮れ道
 知らんふりして いたっけね
 おさげの先を つまんだら
 にらんだ横眼が 濡れてたね
 ごめんねごめんね チコちゃん

 笑ったつもりの 泣き顔で
 お嫁に行くのと つぶやいた
 仕方ないわの つぶやきは
 聞こえぬふりして 別れたが
 ごめんねごめんね チコちゃん

             ごめんねチコちゃん(三田  明)25.6.7-2.jpg

恋愛と結婚は違う・・・

早すぎたり、遅すぎたり

若過ぎたり、適齢期の言葉の重圧だったり

微妙なタイミングのズレが、わかれ道を作った

posted by わたなべあきお | - | -

目は心の鏡

絵心のある先輩の言葉

「顔を見れば、その人の人間性が分る・・・特に目だな」

いい人、優しい人、賢い人・・・

ずるい奴、悪賢い奴、出しゃばりな奴・・・

そうか〜<目は心の鏡>というわけだ

僕は彼の眼に

どんな被写体として写っているのだろう?

25.6.7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

simple

Simple is best. と言いますよね。

言葉を換えれば、シンプルは素直・正直でしょう。

身の回りのありとあらゆるバランスが崩壊して行くのを感じます。

まともな人やモノが、隅っこに追いやられて行きます。

薄っぺらな金や物で繋がった人間関係が前面に蔓延っています。

正直者は何処へ避難しているのでしょうか?

なぜ声を発しないのでしょうか?

僕は・・・(何の場面でしたっけ?)

黒い服で、黒い手袋に包んだ拳を突きあげる〜

あの無言の抗議スタイルが好きですね。
25.6.5.jpeg

posted by わたなべあきお | - | -

架け橋

そうは言いながら・・・風呂に入って、ビールを飲んでちょっと考えた。

奥さんを亡くして、まだそう日も経ってないし、いろいろ不自由もあるだろうし

そんな諸々が、仕事上の場面場面に出てきているのかも知れないな?

相手が大人げないと言ってしまえば、それまでの話だけど

ここはぐっと我慢して、冷静に対処することにしよう。

お客様と元請けさんとの貴重な架け橋となりましょう。

posted by わたなべあきお | - | -

無言

電話の向こうで一方的に捲し立てて、こちらにモノを言わせない。

説明をしようとしても、聞く耳を持たない。

自分の失敗責任を逃れるために、こちらに押し付けようとする。

あたかも、こちらが労せずして成果を得るかのように・・・。

陰でどれだけ動いているのか知りもせず・・・。

最悪!

<こちらからお断りします>と

言いかけて・・・呑み込んだ。

あとは一切無言を通す。

先に切ることはしない。

最低限の礼儀。

一種〜病的だな・・・。

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top