<< 2019/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

背景の記憶(275)

♪クシコスの郵便馬車・・・覚えていますか?
僕はハッキリ脳裏に刻まれています。(運動会でもよく使われた曲だけど)
学芸会の時、顔の半分ぐらいはあるようなハーモニカを、半音を駆使して一生懸命吹い
ている姿を思い出します。局に聴き入る〜というよりは、その演奏姿に見入っていまし
た。

 一年生の時から卒業するまで、六年間ずっと同じクラスでしたね。そして学級委員
も、必ず二学期で一緒でした。あんなにたくさんの生徒数で9クラスもあったのにね。

 六年生の時かな?僕は大失態を犯してしまいました。君を傷つけちゃいましたよね。机の中の包み物を確かめもしないで、「これ何?」って、みんなの前に晒してしまいました。あれは君からのプレゼントだったんだよね。今更ながら赤面してしまう。傷つけちゃったね。

 中学、高校も同じ学校だったけど、もろもろの事情が絡まって、接点はほとんどなく、高校三年生の時、同じクラスになったよね。「なんでアイツがこのクラスに?」ってみんなに思われていたから、君もビックリしただろうね。事情は担任のK先生しか知らなかったからね・・・。冷たい視線の中・・・ってほどの被害者意識はなかったけど、言い訳できない分悔しかった。心で泣いていた。

 卒業式の日、式が終わって教室に戻り、保護者も後ろに並んだ時、みんなちょっと興味津々って感じで僕の保護者を見ていたよね。親世代でもないし、姉にしては顔が似てないし・・・。五つ年上の彼女。あれからの五年間が凄まじかった。いつか君に話せる日が来るかなと思いつつ、今日になってしまったよ。

 同窓会の誘いは貰うんだけど、帰郷出来ずじまい・・・。君が出席できるときに帰れて話せたらいいんだけどね。夢のまた夢に終わっちゃいそうだね。

posted by わたなべあきお | - | -

〇接客のプロ(旅館の女将,クラブのママ)に言わせれば

 お客様の為人は、その人の靴(履物)を見れば

 大体わかるそうです。

 金持ちかそうでないかまで・・・。

item_a500_xsam.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(274)

 二十歳前の僕は、予備研修と言うことで、岡山県の山村に派遣された。
先輩布教師の下で細やかな手ほどきを受けた。しかし数日後、僕は大けがを負ってしまった。
 先輩の運転するバイクの後ろに乗せてもらっていたのだが、何せ田舎の砂利道、蛇行とバウンドで手が離れてしまい、僕は路上に放り出されてしまった。
 その後の記憶はない。気が付いた時には、僕は宿泊先で布団に寝かされていた。外傷は、眼鏡と時計での裂傷。あとは打撲傷で、身体はまったく動かなかった。信教上の理由で病院へは運ばれず、祈りの中で治癒を待つということだった。僅かな目覚めと昏睡の連続で、何日経過したのかさえ分からなかった。

 やっと意識が正常に戻ったとき、僕の枕元に一人の女性がいるのに気が付いた。宿の娘さんで、お産のため里帰りしている人だった。4〜5歳年上のひとだろうか。「大変だったね〜。もう大丈夫そうね。」と言いながら手際よく身の世話をしてもらった。その時、何から何までお世話になったと思うと、恥ずかしさと不思議な心地よさとが、僕の心の中で渦巻いていた。

 事故から一週間経ったころだろうか・・・彼女が「あきおくん、お手紙よ」と言って封書を渡してくれた。「開けてあげるね」と言って開封すると、中から数枚の写真が出てきた。「あ〜、彼女?奇麗なひとネ」と言って、ちょっと拗ねたような顔をして部屋を出て行った。たしかにそういう存在の人からだったのだけれど。

 更に一週間が経過して、彼女が赤ちゃんと一緒にご主人の下へ帰る日が来た。「心配だからもうちょっと居てあげたいけど・・・ごめんなさいね」そう言って僕の頬にチューをした。そして「横須賀から手紙を書くね。ペンネームで出すからね。彼女さんに怪しまれないように・・・」そう言って今度は頬擦りをして部屋を出て行った。

 松江に帰った僕に、かなり頻繁に彼女から手紙が届いた。彼女の現実生活の中に暗雲らしきものがあったのか?具体的なことは何も書かれてはいなかったけれど、言外に彼女の淋しさのようなものを僕は感じ取っていた。いつものことだけれど、僕の生い立ちから来る何かが彼女を刺激したことは確かだと思った。それは・・・致命的なくらいの(母性愛欠乏症)であり、いつも無意識のうちに遠くを見ているような(世捨て人)的な表情だと思った。

 23577d26d013f5f.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(273)

写真の中では、いつも笑顔のきみだけど・・・

今は、もういない

同期の仲間〜五人

あれからすぐバラバラになってしまったね

時の悪戯?

ボタンの掛け違い?

直接の原因が何であれ

きみは蘇らない

ここまで生き抜いたきみが見たかった

何よりも恩返しをしたかった

弱虫、泣き虫(あきおくん)の

今を見て欲しかった

397d3d0318b872b79740a62e2d4bb5c8_m.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(272)

2019.4.11-1.jpg2019.4.11-2.jpg2019.4.11-3.jpg2019.4.11-5.jpg2019.4.11-4.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ふるさと

♪春はかげろう麦畑
 夏はひでりのせみしぐれ
 秋はおまつり笛太鼓
 冬はよなべのいろりばた
 あの人にふるさとを見せてあげたいの
 あの人はふるさとのない人だから

 春は菜の花あげひばり
 夏は川風ほたるがり
 秋は夕焼け赤とんぼ
 冬はこな雪山の音
 あの人にふるさとを見せてあげたいの
 あの人はふるさともみよりもないの
 裏のお山の柿の実が
 真っ赤に真っ赤にうれるころ
 あの人連れて帰ります
 会ってくださいお母さん

        ♪シモンズ 「ふるさとを見せてあげたい}

1234_a.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

棄権

選挙より花見

どこかの国のように

棄権者は罰金・・・これはどうだろう?

車の反則金と一緒で

かなりの額でないと効果ないか

シュミレーションとして

「もし、棄権した人が投票に行ったら」

というのをやってみたらどうだろう

それにしても

半分以上の人たちが棄権と言うのはいただけない

2019.4.8-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

汲む

水は つかめません

水は 汲むものです

心は つかめません

心は 汲むものです

31.4.4-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

瞑目

目を瞑れば

他の感覚が研ぎ澄まされる

目視するときよりも鮮やかに

僕はまた今宵も

夢飛行を試みる

希望が

願望が

事もなく成就する31.4.4-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(271)

♪夢であいましょう

 夢であいましょう

 夜があなたを抱きしめ

 夜があなたにささやく

 うれしげに 悲しげに

 楽しげに 淋しげに

 夢で夢で 君も僕も

 夢であいましょう


x1080-U8b.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top