<< 2023/02 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

一心一念

『 心入れ替はれば(一心一念、心が本なり)身体の気血のめぐりもかはる。

感ずるときはしまる、逸するときはほどける、恐れるときは青く、いかるときは

赤し、不思議なり、人相もかはる。運気もかはる。妙也 』


                     (日扇聖人 御指南)

29.1.4-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

果報


『 追へども去らず、招けども来らず 』


『 おのが身に備わる報いあるならば

          招かずとても来るものは来ん 』


                     (日扇上人)

28.11.18-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

『 冥きより 冥きに入る 』 (くらきより くらきにいる)


生死の境があるとはいえ、大半の人間は、ほとんどの人間は、闇から闇へと

往くのである。

この世もあの世も一緒、続き。

世間では、死ねば仏になるというけれど、実はそうではない。

どんな法に巡り合うか否か

最高の教えに巡り合うか否か

そして、その千載一遇のチャンスを逃さないこと。
(稀に人身を得、たまたま仏法に逢えり)

posted by わたなべあきお | - | -

お盆




『 亡霊、弔いを待つ 』



  『 常盆  常彼岸 』



  

posted by わたなべあきお | - | -

老 い


『 あゝ老いぬ 誰を恨みんようもなし

          わが怠りの 恨めしきかな 』



               (開導 日扇聖人)


28.7.12-12.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

順 序

『 臨終のときのことを、先に習ひて

           後に、他事を学ぶべし 』


                    (開導 日扇聖人)

28.7.12-4.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

果報

『 貯める気に なれば貯まらず

     貯めぬ気に なれば貯まるという 妙を知れ 』

                     (日扇聖人)




「 無欲は 大欲に通ず 」        (二宮尊徳)


27.11.21-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

氏より育ち

『 公家の子も 田舎におけば田舎者

        ひとは氏より育ちなりけり 』

                      (日扇聖人)



どんな思想(教え)に染まって生きるか

そこが

破滅か救済かの

大きな分かれ目だ

27.11.16-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

果報

『己が身に そなはる報い あるならば

         招かずとても 来るものは来ん』

「追えども 去らず 招けども 来たらず」・・・

               それが<果報>というものなり

                             (日扇聖人)



観念しましょう

当然の報いを

それでこそ

真の平等というものです27.10.26-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

修行

『修行とは、苦労を楽しむことなり』

             (日扇聖人)




なかなか、楽しむという領域には届かないが

少なくとも・・・

「俺は苦労した、苦労した」と

口にしない人間でありたい。

何があっても、いつも静かに笑っている・・・

27.7.4-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top