<< 2017/07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

♪白いサンゴ礁

♪青い海原 群れ飛ぶかもめ
 心ひかれた 白いサンゴ礁
 いつか愛する ひとができたら
 きっとふたりで 訪れるだろう

 南の果ての 海の彼方に
 ひそかに眠る 白いサンゴ礁

 まことの愛を 見つけたときに
 きっとふたりで 訪れるだろう

 南の果ての・・・・・・・・・


     ♪ズー・ニー・ブー

29.7.19-2.jpg

海があり

星空があり

この上ないシチュエーションの中で・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

♪星に祈りを

♪夜空の星に祈りを捧ぐ
 その娘のやさしい瞳の中に
 喜びの涙があふれていた
 生まれて初めて知った恋を
 求めてはなさずここまで来た

 遠くつらかった二人の道よ
 ここは僕らのパラダイス
 愛し合うふたりのいこいの園
 涙をふいて笑顔を見せて
 明日の明るい日ざしを浴びよう

 若い二人の行く手には
 今日にもまさる喜びがある

          ♪小野リサ


29.7.19-1.jpg

彼女から・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

爆発

どの世界にも、「仕切り魔」がいて、

自分の立場を飛び越えて、すべてを仕切らないと気が収まらない。

どんな組織でも、長と名の付く人は一人でイイわけで・・・。

二人も三人も居ては、現場は混乱するばかりだ。

経験豊富で有能なのは理解できるとしても、

後輩を育てるとか、指導するとかの我慢と忍耐が保てないのか?

あの女性国会議員と一緒で、すぐ感情的に爆発する。

いよいよ、僕自身も隠しカメラやボイスレコーダーを・・・

と考えてしまうほどだ。

人格否定や暴力沙汰まで来ると、

片方を慰めるだけでは、事は収まらない。

29.7.15-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(253)

♪帰り道は遠かった
 来た時よりも遠かった
 雨が降ってたの
 風が吹いてたの
 わたしの心の中にだけ
 あなたは知らない
 それでいいの
 それでいいの

♪アン真理子


岐路に立たされた時
どちらを選ぶのか?
ここに、そのひとの性格が表れる
僕自身はどうだったのか?

自分にとって厳しい方を選択した〜というよりも
安易な方を選択したくなかった〜というのが正直な所だろう

ショートカットが嫌いで
寄り道や遠回りを、結果的に選択して
徒労と無報酬の連続で・・・
でも、強がりじゃなく
お金に代えられないものを貰った
それらがこの自分というものを形成し
独自の色を放っていると確信する29.7.9-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(252)

♪呼んでも帰らぬ 兄貴だけれど
 そんな時には 寂しい時は
 泣きに来るんだ 兄貴のそばへ
 涙を 涙を ありがとう
 どこかで優しい 声がする29.7.14-1.jpg

今日は、兄貴の三回忌

もう二年が経つのか・・・

母を知っている兄が

僕を慈しむ母の様子を話してくれた

「坂道で両手を広げて、よちよち歩きのおまえを迎えるときの母は

俺が羨ましく思うほどだった・・・」

posted by わたなべあきお | - | -

黄色い麦わら帽子

♪黄色い麦わら帽子の 女の子
 今年も 逢えるかな
 夏の日 出逢った女の子
 探してみたいな 妹みたいな女の子
 駆けておいでよ 想い出の中から
 ハハハハ・・・・・

 黄色い麦わら帽子の
 夏の日出逢った 女の子

 今頃誰かに恋して 僕なんか
 忘れて いるのかな
 誰にもきれいな 女の子

♪松崎しげる


 29.7.13-7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

S様邸(西京区)庭木伐採工事

29.7.13-1.jpg29.7.13-5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

際どく

際どく蘇生した

   ・幼少時、おまえは三回死にかけた
   (原因不明の高熱,海に落ちた,竹が足を突き抜けた)
   ・急性A型劇症肝炎
   (入院を拒否したら「死にますよ」と言われた〜でも、生きている)
   ・交通事故(運ばれた病院へ警察官が来た。立っている僕を見て
    「あの車の破損状態で、生きているのが不思議だ」と言われた
    でも、それから二週間、まったく体は動かなかった)
 

際どく別れた

   ・行こうと思えば行けたのに、苦しい方を選んだ
   ・施設を脱出した(逃げた・・・が正解かも)
   ・ギリギリのところで踏みとどまった
    (男女の仲で、どちらが正解かは意見の分かれるところ)
    (意気地なし、安全牌〜なんとでも言ってくれ)

際どく舞い戻った

   ・起重機船がひっくり返った
   ・無免許でダンプや小型船を操縦した
   ・給料が送られてこず、監禁された
   ・山陰集中豪雨のなか、脱出・逃避〜京都へ舞い戻った

際どく、際どく・・・の連続人生



 29.7.11-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

対処法

おかしい人ほど

自分は間違ってない!自分は正しい!

と言うのであって・・・

だから対処法が難しいのです。

このことは、身内であれ他人さまであれ

僕は経験済みのことで・・・

差別用語なので気安く使えないけれども

そういうひとの何と多いことか。

多少なりとも自分で気づいて

カウンセリングを受けようというひとはまだイイ。

そこに至らない〜まさに真っ只中の人が

どうしようもないのだ。

人権、差別、暴力、・・・

これだけ事が絡み合った問題はない。

29.7.9-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

南区K様邸 物干し波板張替

梅雨の晴れ間を狙って、完了。29.7.8-2.jpg

シャワー金具もアウトで取り換えました。

29.7.8-3.jpg

終わったら、大雨です。

29.7.8-5.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top