<< 2016/07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

恩 恵

○いかに苦痛な人生であろうとも、この世に「生」を与えられたというほどの恩恵

は、この地上にはない。そしてこれを自覚し、自覚させるのが、宗教の使命といっ

てよい。

              (森  信三)



28.7.12-10.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

「STAY  DREAM」

♪死んじまいたいほどの苦し悲しみ 
 そんなもののひとつやふたつ
 誰もがそこあそこにしょい込んでいるもの
 腰をおろし ふさぎ込んでも答えはNothing!

 ぶっ飛ばしたいほどの怒りや悔しさ
 そんなもののひとつやふたつ
 殴られた痛みはTRYへのワンステップ
 尽きせぬ自由は がんじがらめの不自由さの中にある

 くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy
 その痩せこけた 頬のままで
 果てしない迷路の中を
 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream

 ひねくれかけた瞳のずっとずっと奥に
 もがいてる もうひとりの俺がいる
 一番怖いものは 勇気だと知ったとき
 自分の弱さにおもわず鼻をつまんだ

 もうこれ以上先へは進めない
 たとえば 挫折が目の前に立ちはだかる
 そんな夜は心で命の音を聞け
 たかが こんな自分は! と一度だけからかってみなよ
 
 くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy
 その痩せこけた 頬のままで
 果てしない迷路の中を
 ひとはみんな手探りしてでも Stay Stay Dream
 そう Stay Stay Dream Stay Stay Dream 

            (長淵  剛)

 28.7.19-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

立つ

言葉を立てて意気ってみても

かすかな風にさえ

吹き倒されてしまう

そんなものか

それだけのものか

いや こんなもんじゃなかったよな

もう一度だけ 立て直そう

基礎となるべき心の軟弱さが

何本もの杭を飲み込んで行く

28.7.18-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

海辺の家

私は自分を<家>と思ってきた

住む家が 私自身

小さな粗末な家でも

私の家ならそれでいい

私は今の自分でいいのだ

私は自分の人生を歩き

自分の家を建てた


     映画(海辺の家)

海辺の家.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

順 序

『 臨終のときのことを、先に習ひて

           後に、他事を学ぶべし 』


                    (開導 日扇聖人)

28.7.12-4.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

徹 見

○人生の生き方の理想としては、いつどこで命が果てようとも、それを以て、わが

終末と同時に、わが「生」の完結であるような生き方をしたいものである。それに

は、何時「死」に見舞われるか知れぬ己が「生」の有限性を徹見して、わが生涯の

終末を、常にその念頭から放さぬ心掛けが大切である。

                    (森  信三)

28.7.12-9.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

緑の風

車の通る道からずれて

人や犬との出会いを避けて

細い人道を歩く

向日葵 葡萄 蜜柑 

それぞれの畑を左右に見て

ゆっくりと歩をはこぶ

僕が勝手につけた柿の木坂

その木陰が頂点だ

立ち止まり

緑の風を感じて深呼吸をする

もうすぐかな

蝉やトンボたちに逢えるのは28.7.15-.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

涙 池

不甲斐なさに 涙

意気地なさに 涙

心の中の 涙池

溜めて 溜めて 溜めて

堪え切る

落涙は許さず


浮かぶ小舟に

きみの笑顔を見た気がした



28.7.12-7.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(227)

ボーイスカウトの訓育会でのこと

みんなを野外に集めて、目隠しの鬼ごっこゲームをやった。

鬼は目隠し、他のものは決められた円から外へは出られなかった。

捕まえた者の名前を当てるというゲームだったのだが・・・

何人目かの時に、僕が捕まった。

抵抗したつもりはなかったが、僕は高く持ち上げられ、そして落とされた。

草むらではあったが地面は固く、僕は運悪く後頭部をしこたま打ち付けた。

そこで意識を失った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三日三晩、僕は昏睡状態だったらしい。

幸い意識は回復したが、その後かなりの年数〜偏頭痛に悩まされた。

ちょっと運動をすると、後頭部に重い石がひっついているようで

二十歳を過ぎてもずいぶん悩まされたものだ。

28.7.14-1.png

あのころ・・・

続きを読む>>

posted by わたなべあきお | - | -

インサイダー

人柄は必ず見える

言葉に

顔に

雰囲気に


飾ったものは

剥がれ落ちる

借り物はすぐばれる


雄弁でなくても

理路整然としていなくても

自分の言葉で語ることだ

相手の目を直視して


ならば

伝わるものは

必ず相手に伝わる

28.7.12-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top