<< 2017/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

負荷

<無茶>はいけないけど

<無理>は、ある程度しないと

目標到達点へは行けない。

<身体>で言えば

ストレッチングがそうであって

負荷を効率的にかけないと

筋肉も言うことを聞いてくれない。

<歳>だからと諦めてはいけない。

29.10.18-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

H様邸(宇治市) ガスふろ給湯器取替工事

20年も持ちましたか

29.10.17-3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

過去世

「たとえその言葉が

悪意から発せられたものであろうとも

それを受けるだけの何かが自分の中にあると思いなさい」



なかなか・・・そうは思えないものです。

つい、反撃をしてしまう。



「だから、ぐっと堪えて、深呼吸をして」

「今生のことではなく、過去世に想いを巡らせなさい。

何をしでかしてきた魂かわかりません」

29.10.17-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

背景の記憶(253)

真新しい家は

確かに存在していた

だが

そこに家庭は無かった

父の建てた家に

呼ばれた僕は

お客様の様に

叔父のカメラの前に立っている

29.10.12-1.png

posted by わたなべあきお | - | -

心の交わり

あなたの電話の声に
微かな憂いを感じて
安心してしまう僕は
どうしたものでしょう

あなたのメールの中に
文字とは裏腹の心を発見して
安心してしまう僕は
どうしたものでしょう

人待ちのあなたの後ろ姿に
幽かな淋しさを感じて
安心してしまう僕は
どうしたものでしょう

横に座ったあなたの瞳が
涙で潤んでいるのを見て
安心してしまう僕は
どうしたものでしょう

それは・・・
やはり・・・
僕が同じ想いでいるからでしょう
これこそが
言葉の要らない
心の交わりではないでしょうか




29.10.9-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

殊更にゆっくりと歩いてみる

一歩一歩を踏みしめて

心の波がアスファルトに

目には見えない足跡を残す

顔を上げて空を見る

微かな希が届くのか

雲が君の笑顔に見える

差し伸べようとする両の手を

雀の群れが遮断する

後ろポケットに突っ込んで

坂道をちょっと速足になる

すると、どんどん現実に引き戻されてゆく

29.10.9-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ゲバラ

狐と狸の化かし合い

見え透いた政治ショー

半分の人間が投票に行かないのに

それでも「勝ちは勝ち」と言う愚かな世界

何が多数決だ

何が民主主義だ

泣くのはいつの時代でも

声も届かぬ弱者と貧困者

日本にゲバラは現れないか?

29.10.9-3.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

ガス抜き

仕事上の電話だから、

通例ならマニュアルトークのところだろうけど

今日のあなたは、なぜか普通の会話だった。

しかもちょっとトーンが重い・・・。

なにかあったのかな?

なにか背負っているのかな?

声だけだから余計にそれが伝わってくる。

みんな、プライベートを隠して仕事している。

あんまり溜め込むなよ!

時にはぶちまけろ!

発散しなさい!

過労死のニュースじゃないけれど

どこかで意識的にガス抜きをしないとね。29.9.11-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

♪今日の日はさようなら

♪いつまでも絶えることなく
 友達でいよう
 明日の日を夢みて
 希望の道を

 空を飛ぶ鳥のように
 自由に生きる
 今日の日はさようなら
 またあう日まで

 信じあうよろこびを
 大切にしよう
 今日の日はさようなら
 またあう日まで
 またあう日まで


     ♪今日の日はさようなら  ダ・カーポ



 29.10.3-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

枯れすすき

♪貧しさに負けた いえ 世間に負けた
 この街も追われた
 いっそきれいに死のうか
 力の限り生きたから 未練などないわ
 花さえ咲かぬ ふたりは枯れすすき

 踏まれても耐えた そう 傷つきながら
 淋しさをかみしめ
 夢を持とうと話した
 幸せなんて望まぬが 人並みでいたい
 流れ星見つめ ふたりは枯れすすき

 この俺を捨てろ なぜ こんなに好きよ
 死ぬ時は一緒と
 あの日決めたじゃないのよ
 世間の風の冷たさに こみあげる涙
 苦しみに耐える ふたりは枯れすすき

                 ♪「昭和枯れすすき」 さくらと一郎


  

 29.10.5-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top