<< 2022/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『おのが心に嘘をつく

      人は仏に嘘をつくなり』


日扇聖人



30.1.21-1.jpg


すべては御照覧

自分に都合の良い仏(天)を作ってはならない。

posted by わたなべあきお | - | -

賢治

『学者、物知り、利益なし』


真の知識人は、<表現者><実践人>でなくてはならない。


評論家〜数知れず。

コメンテーター〜何者ぞ。


尊敬すべきは<宮沢賢治>

Kenji_B_W_041.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

克己心

『 己の師となるも 己を師とせざれ 』


常に自分を律する心を持たなければ、人間は楽な方へ、甘い方へと流れて行く。

人にあれこれ言う前に、まず自分が出来ていなければ、語る資格はない。

年齢を重ねただけで、一端の人間と思っている人が如何に多いことか。

幾つになっても、もう一人の厳しい己を持たなければならない。






29.11.1-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

過去世

「たとえその言葉が

悪意から発せられたものであろうとも

それを受けるだけの何かが自分の中にあると思いなさい」



なかなか・・・そうは思えないものです。

つい、反撃をしてしまう。



「だから、ぐっと堪えて、深呼吸をして」

「今生のことではなく、過去世に想いを巡らせなさい。

何をしでかしてきた魂かわかりません」

29.10.17-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

正念場

『極まりて 悲しきときにあらざれば

          まことの信は 起こらざりけり』


                日扇聖人



癌の再発

手術不能

死を待つのみ



ここが・・・正念場

29.8.11-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

知恩

『鷂(はしたか)の拳の下の温め鳥

        恩を知らぬは人にぞありける』

                      (日扇聖人)


(小鳥を掴まえて暖をとった鷹は、翌朝逃がしてやると、その日一日は、小鳥が

逃げて行った方角へは、餌を求めに行かない〜と言う話。動物たちでさえ恩を

知っている。それに比べて、なんと人間の恩知らずなことか)

posted by わたなべあきお | - | -

極まりて

『きはまりて 悲しきときに あらざれば

              まことの信は おこらざりけり』

                            (日扇聖人)



何事も無いことが、本当は幸せなんだけれど

哀しいかな人間は、その実感が持てない。

とことん極まって初めて

自分の愚かさや無力や傲慢を知る

「苦しい時の神頼み」じゃなくて

純粋に天(仏)の助けを願う時

それこそが<信>というものなのだろう。

29.3.25-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

『心 そこにあらざれば

       見れども見えず、 聴けども聞こえず』


                          (日扇聖人)

29.1.17-6.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

第六天の魔王

「第六天の魔王は

    信者よりも信者らしい巧みな言葉で

                  囁きかけてくる」



それは、自分の心の中のおよそ半分を占領しているのかもしれない。

人間は・・・、善心と悪心が、常に壮絶な闘いをしているのだ。

29.1.13-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

一心一念

『 心入れ替はれば(一心一念、心が本なり)身体の気血のめぐりもかはる。

感ずるときはしまる、逸するときはほどける、恐れるときは青く、いかるときは

赤し、不思議なり、人相もかはる。運気もかはる。妙也 』


                     (日扇聖人 御指南)

29.1.4-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top