<< 2021/04 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「窓」

ジャーナリストで、作家でもある大谷昭宏さんが、読売新聞の記者をされていた頃「窓」という欄を担当しておられた。その欄にこんな内容の記事が載りました。

広島の女子高生のA子ちゃんは生まれた後の小児麻痺が原因で足が悪くて、平らなところでもドタンバタンと大きな音をたてて歩きます。

この高校では毎年7月になると、プールの解禁日にあわせて、クラス対抗リレー大会が開かれます。一クラスから男女二人ずつ四人の選手を出して、一人が二十五メートル泳いで競争します。この高校は生徒の自主性を非常に尊重し、生徒たちだけで自由にやるという水泳大会で、その年も、各クラスで選手を決めることになりました。

A子ちゃんのクラスでは男二人、女一人は決まったのですが、残る一人が決まらなかった。そこで、早く帰りたくてしょうがないそのクラスのいじめっ子が、「A子はこの三年間体育祭にも出ていない。何もクラスのことをしていないじゃないか。三年の最後なんだから、A子に泳いでもらったらいいじゃないか」と意地の悪いことを言いました。

A子ちゃんは誰かが味方してくれるだろうと思いましたが、女の子が言えば自分が泳がなければならないし、男の子が言えばいじめっ子のグループからいじめられることになり、誰も味方してくれませんでした。結局そのまま泳げないA子ちゃんが選手に決まりました。

家に帰りA子ちゃんは、お母さんに泣いて相談しました。ところが、いつもはやさしいお母さんですが、この日ばかりは違いました。「お前は、来年大学に行かずに就職するって言ってるけど、課長うさんとか係長さんからお前が出来ない仕事を言われたら、今度はお母さんが『うちの子にこんな仕事をさせないでください』と言いに行くの?たまには、そこまで言われたら『いいわ、私、泳いでやる、言っとくけど、うちのクラスは今年は全校でビリよ』と、三年間で一回くらい言い返してきたらどうなの」とものすごく怒りました。

A子ちゃんは泣きながら、二十五メートルを歩く決心をし、そのことをお母さんに告げようとしてびっくりしました。仏間でお母さんが髪を振り乱し、「A子を強い子にしてください」と必死に仏壇に向って祈っておられた。

水泳大会の日、水中を歩くA子ちゃんを見て、まわりから、わあわあと奇声や笑い声が聞こえてきます。彼女がやっとプールの中ほどまで進んだその時でした。一人の男の人が背広を着たままプールに飛び込みA子ちゃんの横を一緒に歩き始めた。それは、この高校の校長先生だったのです。「何分かかってもいい。先生が一緒に歩いてあげるからゴルまで歩きなさい。はずかしいことじゃない。自分の足で歩きなさい」と励まされた。

一瞬にして奇声や笑い声は消え、みんなが声を出して彼女を応援し始めた。長い時間をかけて彼女が二十五メートルを歩き終わった時、友達も先生も、そしてあのいじめっ子グループもみんな泣いていました。

posted by わたなべあきお | - | -

心眼

この歳になって

もう俺は一個の完成品だ・・・なんて思えないんだよ

未熟、未完成とかじゃなくて

新しい出会いがまだまだあるんじゃないか

人も、物も、景色も、学びも


一端やり遂げた感の人の言葉は

僕には虚しく響く

その先というより

その奥、そしてそのまた奥という感じかな


最近、涙もろくなってきたように思う

人知れず起こっている小さな出来事や言葉に

涙腺が緩む

泪が溢れる

世の中ってそういうことだろう

それらに触れるチャンスがもらえるかどうかだろう


今まで以上に

物事や人を凝視しようと思う

偉ぶるんじゃなくて

心眼を持ちたいと切実に思う

30.11.15-2.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

もう一人の自分

夢遊病者のように生きているわけではないんだけれど

何かしらもう一人の自分が現実を生きているように感じてしまう。

本物(?)の僕は何処にいる?、何処へ行った?

二十歳そこそこの時点で、叔父に・・・

「おまえは<世捨て人>のような奴だな」と言われた。

精神的(魂的)ショックは、想像を絶する。

あたかも一時的な青春の想い出的に生きているように見えるかもしれないが

やはり僕は・・・<もう一人の自分>を生きているのだと思う。kanojo-fukuen_key.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

統計学

僕は統計学的数字を信じるね

個人的思惑を別にして、事実の集積だからね

例えば、僕の過去の恋愛対象者(数は少ないけれど)

全てがB型だ(家内はO型だけれど)

(けれど・・・が多すぎるな)

もちろん、血液型以外の要素もあるだろう

しかし、ここはどこまでも血液型に絞って書いてみよう

初恋の人(小学生)

中学時代の片思いの人、年下の同じクラブの子

高校時代の人(小学生時代の子の再登場、中学生時代の子の再登場)

二十歳前後(年上の人,同学年の人,アメリカ人,この時代は複数)

24〜26歳ころ(年上、年下はあれどみんなB型)

僕なりの統計学によれば、僕は引っ張られ男だったようだ

言葉を換えれば<鈍感男>

様々な場面場面の言葉が思い出される

「わかんないの?」「わかるでしょう!」「バカ!」

逆算的同性の言葉

「もったいない」「そんなことも分かんないのかよ」「バカ!」

今なら伝えられるんだけどなa〜・・・・

まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」

結論!

そこに居心地の良さがあれば

それが恋愛

最後になっちゃったな・・・僕はA型
59553_560.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

届け!

歳が行けば

風体がどうだとか

家の片付けがどうだとか

投げやりと言うわけでもなく

どうでもいいように思えてくる

そんな現実目線よりも

心の中、気持ちが自分を支配する

そして、妙なくらいに

テレパシーを信じ込んだり

事実、念力を込めて発信したりする自分がいる

届け!この想い!

11e316ed9e060e3099127f5371133554_s.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

若い日の涙

♪振り向けば寂しい 君の住む故郷

 若い日の涙は 明日への涙か

 暗闇の彼方に 口笛が流れる

 この道は何時の日にか 希望につながる

 東の空に非が昇るまで

 とても とても 

 とても遠い旅路さ

 振り向けば・・・・・・・・

1.11.19-14.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

断片的台詞(さよなら僕のマンハッタン)

〇読書は脳を磨く

〇防衛メカニズム

〇人生は作為的にして無作為

〇人は無意識にあらゆることをする

〇世界でもっとも長い距離が、理想と現実の中に横たわっている

〇常識で感情を押し殺すな

〇幼少期の欠落を埋める行為あるいは友情

〇時間をおくと、物事は違って見えてくる

〇純真  ピュア

〇私はすべてに無関心

〇幸運は事故のように訪れる

〇窓を見つけて飛び出せ

〇彼等の勝ちだ、あなたは毒されている

19b3aff99bf3542d365b2864ca06d10e.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

けそけそしようけん

「ありえないわ」と君は言うだろう

でも、僕の中では可能なんだ

あの時のままの君と逢えること

だって、あれから先の君を

僕は知らないんだからね

眩しすぎろね・・・笑顔が

引き寄せられるね・・・白い指に

ずっと眠らせていたい・・・腕枕

僕をからかうようにしゃべった・・・博多弁

「けそけそしようけん・・・」その先を何て言ったのか

僕は思い出せないんだよ

子供みたいなことを僕がしたのかな

何にしたって、僕は君の前ではそうなってしまうのさ2020.10.29.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

秋桜

君はコスモスが好きだと言っていた

だから、この季節になると、僕は行く先々で

無意識のうちにコスモスを探す習性が身に付いてしまっていた

もうあれから随分と時が過ぎてしまっているというのに


郊外にある建設現場に着いた時、隣が一面のコスモス畑だった

僕は躊躇なくスマホのカメラに収めていた



花言葉は色によってちがうらしい。調べてみれば

白〜優美・美麗  赤〜乙女の愛情  ピンク〜乙女の純潔 etc.

どれも彼女にピッタリの花ことばだ


短いメッセージを添えてメールした

年に二、三回のことだ

誕生日とグループ仲間の音信とくらい

即刻で返信が来た

花言葉通り、乙女のような絵文字が添えられていた

変わらないんだな〜

僕は、そのまた返しをできない

しばしその余韻の中に心を埋めていたかった

昔の数々の思い出のシーンの中で・・・

2020.10.8-1.png

posted by わたなべあきお | - | -

誠実

ドラマの中で、貴重な役目を果たしている。

清楚な花・・・誠実、清楚、正義f647e62a6c35874cd468dda7d6ed99ad-e1411459981375.jpg

oteirezukan16_01.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top