背景の記憶(131)

♪ひとりになるのは誰だって恐いから
 つまづいた夢に罰をあたえるけど
 間抜けなことも人生の一部だと
 今日のおろかさを笑い飛ばしたい

 なにかをひとつ失くした時に
 人は知らずになにかを手にする
 きみのためにできることを
 あれからずっと探してる

 全部だきしめて 君の近くにいよう
 星になった歌も 過ぎた想い出も
 全部だきしめて 君の近くにいよう
 きみが黙るなら きみにささやいて

 全部だきしめて きみと歩いていこう
 きみが泣くのなら きみの涙まで
 全部だきしめて きみと歩いていこう
 きみが笑うなら きみの笑顔まで

               全部だきしめて(吉田拓郎)25.4.18-1.jpg

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top