背景の記憶(122)

♪広い荒野にぽつんといるよで
 涙が知らずに あふれてくるのさ
 あのとき 風がながれても
 かわらないといった
 二人の心と心が
 今はもうかよわない 
 あの素晴らしい愛をもう一度
 あの素晴らしい愛をもう一度
24.8.12-2.jpeg

人間の・・・

心の引出しは

きちんと順序良く整理整頓されてはいなくて・・・

いや、実際はされているのだろうが

とんでもなく場違いで年代も違う記憶が

重なって出てきたりする。


夜明け前

夢の中の友は

微笑んでいるように見えたのだけれど

ふと横を向いたときに

頬の涙が夕陽に光ったのでした。

24.8.12-4.jpeg

君は今

どうしていますか?

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top