背景の記憶(234)

♪ただお前がいい
 わずらわしさに 投げた小石の
 放物線の軌跡の上で
 通り過ぎてきた
 青春のかけらが飛び跳ねて見えた
 そのてり返しを
 そのほほに写していたおまえ
 また会う約束などすることもなく
 それじゃあまたな と別れるときの
 お前がいい

      「ただお前がいい」  小椋  佳

28.12.23-2.jpg

薄汚い・・・

僕の部屋に居候していたお前が

突然「俺、ギリシャに行ってくるわ」

と言い残して出て行った。

僕と同じで、寝袋一つの身軽さだけど

ギリシャ!・・・とはね。

遠い、遠い・・・青春の一コマ

posted by わたなべあきお | - | -

▲page top